STAUBのお鍋で鶏手羽元の煮込み

遅ればせながら、我家ではタジン鍋が流行ってます。
この冬は毎週、タジン料理です(笑)
日本でタジン鍋が流行っていた頃、我家はドイツ。
b0083417_16522879.jpg
ドイツでもタジン鍋を見かけていたのですが、『置き場所に困る形』とお鍋の購入はなし。

家ではSTAUBのお鍋で作っています。
本当はタジン鍋ではなく、『鶏手羽元の煮込み クスクス添え』なんですが、面倒なので『今日はタジン鍋だよ~』と言っています。
b0083417_16525635.jpg
いつもは、バジルグリーン 20cm, 2.2L のラウンドを使っていますが、お野菜がたっぷり食べたいので、
23cm, 2.3L のオーバルを使いました。
b0083417_16553247.jpg
レシピは、サルボ恭子さんの『仔羊とプルーンのタジン』を作りやすい材料や冷蔵庫のお野菜、例えば鶏肉や大根、きのこを入れたり、レモンのコンポートではなくレモン塩を使ったり、オットの苦手なプルーンを抜いたりアレンジしています。
お水は一滴も加えることなく、お野菜の水分だけでお肉がホロホロになるまで煮込むので、味が凝縮されて美味しい~♪
カルダモンパウダーとコリアンダーパウダー、クミンなどのスパイスが入ったアリッサにお肉を漬けて、食卓にもアリッサを添えて。スパイス好きな夫婦にはたまりません♪
b0083417_1702187.jpg
クスクス料理の苦手なオットも、煮込み料理に添えたクスクスは好きなようです。
ただ、クスクスが意外と高くてびっくり!(ドイツの方が物価に比べクスクスは安い。)
デパート1件とスーパー3件まわって、一番近所のスーパーに1種類だけ置いてありました。
異国の地で異国の物を作るのは、お金がかかりますね。(とヨーロッパでも思ったっけ)
翌日、余った煮込み料理にパスタを入れて煮込んだら美味しかったです。
今度、玄米ご飯にかけてみようかしら?
この冬は、飽きるまでタジン作り続けてみます。
[PR]
トラックバックURL : http://afterwards.exblog.jp/tb/24080904
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rosearoma | 2015-02-01 17:09 | 日本 - ごはん&おやつ | Trackback

よく遊び、よく食べ、よく飲んで、ちょっと学んで... 日本満喫中! ☆画像の無断転用はご遠慮願います。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31