カテゴリ:イギリス - ごはん&おやつ( 20 )

キャラメルチーズ

b0083417_224321100.jpg

お友達がキャラメル味のチーズを探したいというので、正式名称を。
ジャジャーン♪
EKTE GJETOST.(エクタ イエトオスト)
すごく 覚えにくい名前・・。

これ、ノルウェーの山羊のチーズ。

甘くて、すこし塩辛くてキャラメルの風味。
キャラメル塩飴みたいなものかしら?
柔らかいので削ってパンやクラッカーに載せます。
この量で£3位。安いと思った記憶が。

東京に無い物はない!
どこかにあると思うけど、何かのついでで見つける方がいいかも。。

もし、なければ?
…お店の方に注文してもらって下さい。^^;
[PR]
by rosearoma | 2007-01-17 01:06 | イギリス - ごはん&おやつ | Trackback | Comments(12)

Farmers Market

近所でフランスのファーマーズマーケットが開かれていました。
乳製品とりんごで有名なノルマンディーから。
ノルマンディー産じゃないけど、Epoisses , Chaource とノルマンディサイダーを買ってみました。
b0083417_4534218.jpg
チーズの王様エポワスは,ケンちゃんにお勧めされてから見つける度にお買い上げ。
くっさいけど、美味い!
今回は、賞味期限ギリギリで熟成されていてとってもクリーミー。
表面が香ばしく、やっぱり納豆味と感じるのは私だけ?
b0083417_4585074.jpg
シャウルスはまるでケーキのような見た目。
冷蔵庫から出したては、粉っぽいポソポソした食感。
常温でしばらくすると柔らかくなりますが、粘りのないNYチーズケーキのようで口の中でスーっと溶け軽い酸味が広がります。
プラムチャツネも合いそう。
このチーズを前菜としてシャンパンと頂いくというのは、かなり頷けます。
残りの半分を熟成させ、また違う味を楽しむつもり♪
[PR]
by rosearoma | 2006-12-09 05:46 | イギリス - ごはん&おやつ | Trackback | Comments(8)

キャラメル → バゲット

キャラメル断ちした私が最近はまっているのは、バゲット。
イギリスへ来て何故かパンを焼かなくなった私。
b0083417_640344.jpg
200℃のオーヴンで7分。
いつでもホカホカ焼きたてパンの出来上がり♪
実はこれ、ロングライフのパンなんです。
数十年前に食べた時は、美味しかった記憶。
数年前に食べた時にアルコール消毒臭がして苦手だと感じたんです。
今回は…美味しくなってる!
b0083417_6304790.jpg
頻繁にパンを食べない家でも、いつでも焼きたてパンが食べられるのは幸せ。
パン屋さんの時間の経過したパンより美味しいですよ~。
[PR]
by rosearoma | 2006-11-16 07:00 | イギリス - ごはん&おやつ | Trackback | Comments(9)

Chaumes

Le Cremier de Chaumes
b0083417_23443933.jpg

ウオッシュタイプのオレンジ色のチーズ。
常温で1時間放置の後、スプーンですくって食べます。
トロトロなのでカットできないのです。
チーズの表面はベルベット状のフワフワの白い繊維が。
見えます?
外側のベルベットを剥いで食べますが、多少口に入っちゃうのが微妙。
トロトロで濃厚なクリーム、癖が無く非常に食べやすいチーズ。
ディップにしても良さそう♪


b0083417_23503644.jpg

M&SやWAITROSEで簡単に手に入りお値段もお手頃なので、
家では頻繁に登場しています。
秋から冬限定のモン・ドールの季節なので、楽しみが増えます。
[PR]
by rosearoma | 2006-11-09 00:52 | イギリス - ごはん&おやつ

冷凍庫整理

今頃、夏に買った冷凍フルーツ。
大威張りで場所を取っている。
b0083417_7214643.jpg
ラズベリー、ブラックカラント、ブルーベリー、レッドカラント、サマーフルーツって言うんだ…
ケーキやアイスクリームにコロコロ飾ったらかわいいな~と思いつつ結局ジャムに変身。
ジャムは、お友達のお家に半分無理やり持ちこみ。(家はご飯党なので)
なので外人仕様で甘めに。
このル・クルーゼのウイスク、全体がシリコンで覆われているので鍋が傷まないし、持ち手も握りやすくてグー。
ホワイトソースを作るときや、テフロン加工の鍋が傷つくんじゃないかとヒヤヒヤしていた私にピッタリ。
b0083417_2320634.jpg

ベリーの粒々がたまりませ~ん。
うまかった。^^
[PR]
by rosearoma | 2006-10-28 19:36 | イギリス - ごはん&おやつ | Trackback | Comments(6)

秋の気配は感じていたけれど昨晩、秋の匂いがしました。
(ちなみに、初雪の降る前日は匂いで分かります。)
眠っていたル・クルーゼのフォンデュ鍋を引っ張り出しチーズフォンデュをすることに。
b0083417_971546.jpg

日本じゃチーズフォンデュの素を使っていたので、作り方が分からない…
でも、チーズとワインを分離させないためのコーンスターチが必要ということはテレビで見たのか何とな~く覚えていました。
スーパーで cornstarch を見つけられず、機能から言って starch 以外の名前も想像がつかなし困り果て、結局片栗粉を使いました。

既に遅いのですが、オットが今日スーパーで見つけた "cornflour" が、英名らしいです。
チーズもグリュイエールとエメンタールを売っている分量を全て使い、
ワインもジャブジャブ (お酒好きだからね)と適当に作りました。
ル・クルーゼのHPを見るとレシピが載っていましたが、この適当さでも十分美味しかったです。
HPのレシピの方がもっと美味しいんでしょうね。
[PR]
by rosearoma | 2006-10-15 09:47 | イギリス - ごはん&おやつ | Trackback | Comments(12)

みたらし団子

食後のデザートに作りました。
b0083417_625550.jpg
かなり適当ですが、お団子がモチモチ滑らかでおいしかったです。

とっても簡単!

① お湯を沸かす。
② お豆腐175gと白玉粉100gを合わせる。(お豆腐とお粉を同量にしてもいけると思います)
③ お団子を作り、真ん中をへこませる。
④ ③をお湯の中へ。
浮いてきてもお団子が大きめなのでしばらく泳がせる。
⑤ 冷水に取りぬめりをよく洗い流す。
⑥ 水気をきる。

<たれ>
① 鍋に水50ml、砂糖大3強、醤油大1を加え火にかける。
② 砂糖が溶けたら、水溶き片栗粉を入れ完全に火を通しつやを出す。
③ お団子にかけて出来上がり。
更にきなこをかけるとより美味しい。
[PR]
by rosearoma | 2006-10-05 06:22 | イギリス - ごはん&おやつ | Trackback | Comments(6)

無花果とゴーヤ

b0083417_652146.jpg

いちじくの季節ですね♪

いちじく、お年寄りの食べ物というイメージありません?
子供の頃は苦手だったのに、数年前から好きに。
プチプチした食感がスキ。
赤い色もきれい。
そのまま食べても美味しいし、ケーキやデザートにも合う。
11月頃まで楽しめるし、もっと安くなったらジャムを作ろう。

b0083417_6173577.jpg

ゴーヤ(Karela)をアジアショップで発見。
イギリス初のゴーヤチャンプル♪
食べたくてチコリで代用しようかと思ったほど。
テスコに売っているとの情報get, でも見つけられず来年は庭で育てようかな~

夏の食べ物を前に食欲の秋。(おデブに季節は関係なし



本日の一品: いちじくの胡麻和え
b0083417_614226.jpg
地味すぎて 「いちじくと生ハムがいいよー」と言われそう…
がまんして。
家には生ハムがないの。
食べ方も なんか年寄りくさ~
[PR]
by rosearoma | 2006-09-13 07:33 | イギリス - ごはん&おやつ | Trackback(1) | Comments(16)

トマトのコンポート

b0083417_7174925.jpg

普段、ミニトマトしか買わないのに、なぜか大きいトマトを買ってしまい、
仕方ないので母に電話して美味しい食べ方を聞いてみました。

暑い日が続いているようで、教えてくれたのは、トマトのコンポート。

枝付きトマトを湯剥きして赤ワインと三温糖とお水で煮るだけ。
冷たく冷やして。

前菜にと思って作ったけど、甘くて美味しかったのでデザートに。
形も丸くてかわいい、そして赤い色に食欲をそそられます。

甘い物が苦手なオットにも好評で、『爽やかな夏のデザート』と。

イギリスの枝付きトマト、日本のトマトより美味しい気がするのは私だけ?
それとも味覚に異変??
[PR]
by rosearoma | 2006-08-09 07:34 | イギリス - ごはん&おやつ | Trackback | Comments(10)

EPOISSES

b0083417_043219.jpg買出しの翌日、フランスを堪能♪
その1つがこれ、「EPOISSES」
「エポワッス・ド・ブリュゴーニュ」

フランスに買出しに行くことを知ったオットのイギリス人上司ケンちゃんお勧めのチーズ。

ウォッシュタイプです。
納豆菌の仲間のリネンス菌で熟成され、表皮を何度も地元の地酒マールと呼ばれる葡萄の絞りかすで作るブランデーで洗うそう。
「チーズの王様」らしい…。


クーラーバックに袋に包んだチーズ3個とお魚を入れてフタをしても車が激しく臭い!(泣)

冷蔵庫のチーズコーナーに隔離しても臭い。
とにかく臭いので早めに頂くことに。

見た目はかわいいチーズケーキ。
指に付いたチーズをひとなめ。
納豆の味!

b0083417_151284.jpg
中身はクリーミーマイルド、濃厚なお味。
激美味!中身がどんどん流れ出します。
まだ熟成しきっていない為か芯みたいな部分が残ったけど、これ位でちょうどイイ感じ。

お値段、1つ €5.9(約¥826)ちなみに日本では販売例として ¥2940だそう。
日本では 買わないなー 買えないな...。

納豆や漬物好きな日本人には好きな味だと思うな。
ケンちゃんのお土産用に買ったチーズ、美味しすぎるため自宅用へ変更。
(ひどい女だ)

b0083417_1474267.jpg
チーズには、渋めの赤が合うんだろうな~と思いつつ、
シーフード がメインなので、キーンと冷えた辛口 白の サンセール・コントで。

フランスはやっぱり美味しー♪
[PR]
by rosearoma | 2006-07-18 02:08 | イギリス - ごはん&おやつ | Trackback | Comments(16)

よく遊び、よく食べ、よく飲んで、ちょっと学んで... 日本満喫中! ☆画像の無断転用はご遠慮願います。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30