カテゴリ:旅・・・ギリシア( 6 )

贅沢って。

b0083417_1324240.jpg

プールから戻るとシャワーを浴びて、
バルコニーでビールを飲みながら夕日を眺めるのが島での2人の日課。
バルコニーに仕切りがないので、たまにお隣のお部屋のカップルと4人で。

b0083417_1331626.jpg

夕食を食べて、ふらふらして部屋へ帰ると真っ暗な海を照らす月と星が。
断崖の一番下の私の部屋は、海に近く通りから離れていてとても静か。


b0083417_1343917.jpg

聞こえるのは私たち2 人の声だけ。
波の音もなく、風の音もない。
目の前にはどこまでも続く漆黒の海と月明りに照らされた灯り一つない火山島だけ。

ワインを片手にビーチベッドから眺める火山島。
涼しい風に吹かれながら。

オット:
『すごーく贅沢だよね』
『この景色、独り占めだよ。こんな贅沢日本じゃできないよ』
『こんなに星が見える。 何年ぶりかな~』

オットは自然いっぱいのところよりも、都会の方が好きなので正直びっくり。
自然を贅沢だなんて思うなんて。

こんな大自然に包まれたせいか、久々にいろんなことを話せました。


↓これはバルコニーから見た朝の風景。
夜中の内にクルーズ船が停泊しています。
b0083417_1313596.jpg



ドイツでの毎日は、オットは仕事でバタバタ、私もなんだか余裕がなくイライラ、
夜は、私が違う部屋にいるかPC、オットはテレビ。
全然会話がなかったかも。(旅行の話しすらしてなかった)


それからは毎日『バルコニーでワインでも飲みますか』とお酒で釣って、
星空と海を眺め贅沢な時間を過ごし、酔いつぶれてバルコニーでウトウト(笑)
ベッドにたどり着く毎日でした。

心に贅沢な旅でした。 (*^^*)
b0083417_1351554.jpg

『PCを持っていかなくて良かった。』
それほど普段の生活はPCに依存しています。


b0083417_1374885.jpg
b0083417_1381324.jpg


ご近所さん、バルコニーにキャンドルをともして過ごしているお宅が多いです。
我が家もバルコニーにキャンドルを用意して、もっと会話しなきゃ。


+++
わんこ も にゃんこ も日陰を選んで歩きます。
賢い!
b0083417_1362564.jpg


でも、ドンキー兄さんは 日なたで一生懸命お仕事の毎日。
b0083417_1355538.jpg

[PR]
by rosearoma | 2010-08-30 01:43 | 旅・・・ギリシア | Trackback | Comments(16)

ギリシャ料理って?

ギリシャ料理って何を思い浮かべますか?

b0083417_2332636.jpg

ごはんをブドウの葉で包んだドルマ、グリークサラダ、
タラモサラダ、カラマリくらいしか思い浮かびません。

よ~く考えてみると、日本で食べた記憶すらないかも。
ドイツでも年に1度くらいしか食べないギリシャ料理。

オットは事前に調べていたけれど、
私は 『シーフード食べてくるぞ!』それだけです。


そうそう、小さい島なのに何件もワイナリーがあるんです。
サントリーニワインもたっぷり飲んできましたよ~。


夜も遅いので料理の写真がボケボケのばかりで、まともな数枚だけ。
ごめんなさ~い。

グリークサラダ
b0083417_2323317.jpg


メリジャノサラダ(なすのサラダ)
b0083417_2315914.jpg


牛肉の煮込み
b0083417_2312282.jpg


ケッパーの葉のスパゲッティ
b0083417_2313542.jpg



何度か蛸の足を焼いたものを食べましたが、
↑ 一番上の写真のように 叩いて干してあるのでとっても柔らか。
イカリングを揚げたカラマリは食べそこなって、なぜか焼いたカラマリを。
バルサミコがお醤油みたいな感じでイカ飯みたいなお味。
もちろんご飯は詰まっていないけど。
オットは、調べただけあってお肉の串焼きスブラキ、ムサカなどを食べてました。
ザジキ(ヨーグルトにニンニクときゅうりを混ぜたソース)も美味しくて、そのまんま食べてました。

イタリアが近いせいかピザは美味しかったです。
うーん、パスタはどうだっけ?
お菓子屋さんには、トルコのお菓子のバクラヴァ(パイ菓子をはちみつに浸したもの)みたいなものも沢山。
いろんな文化が混じり合っているようです。

帰って1ヶ月経ちましたが、既にグリークサラダは5回も作り、
今日はフェタチーズと和えたホットマンゴーのディップとザジキ、
オリーブの実、蛸のお惣菜をクライネマルクトハレでたっぷり買ってしまいました。

ちょっと馴染みができたギリシャ料理でした。
[PR]
by rosearoma | 2010-08-26 23:58 | 旅・・・ギリシア | Trackback | Comments(6)

sun set cruise

b0083417_18355067.jpg

私、旅先で船に乗るのが好きなことに気付きました。
だって座ってるだけで観光できるし、風光明媚なところへも連れて行ってくれるもの。
バスでもいいけど、やっぱり気持ちのいい風に吹かれると気分も爽快。
自分じゃ船なんて持ってないし、見る視点も変わって非日常な気分にもなれるから。

夕日で有名なイアのあるサントリーニ。
もう既にイアから夕日はみたけれど、船の上から見たい。
なによりも『サンセットクルーズ』なんていう響きがステキ♪
ごはん 付きだしね♪

サンセットのはずなのに早い出航時間。
『どこに行くのかな~?』
『 何をするのかな~?』
なんて思っていたら 2日前に行った火山のある島Nea Kameniへ。
ありゃりゃ~、これって更に温泉も?
火山を通って と書いてあるけど、通り過ぎるだけだと思っていた私たち。
皆さんはちゃんと理解していたようです。
水着も来てないし、もう既に十分島も知り尽くしたので、今回は皆さんを船の上で待つことに。
日影のない42℃の炎天下の中。もうお水がぶ飲みです。
船で待つのは、老人と女性のみ。
やっぱり聞かれます 『何で行かないの?』って。

その後は、ホテルが1件もないというお隣の島ティラシア島で
ギリシア料理のバッフェ。でも船上で。
久々に食べるお米がなんだか美味しかった~。
いつも旅先でアジアご飯を恋しがるオットの気持ちが少しわかったかも。

その後は またイアの街に近づきつつ、船上から夕日を眺めることに。
b0083417_18404863.jpg


b0083417_18364826.jpg
建物もオレンジ色。

b0083417_18351917.jpg

[PR]
by rosearoma | 2010-08-24 18:44 | 旅・・・ギリシア | Trackback | Comments(2)

OIA

b0083417_236454.jpg
三日月型のてっぺんの村、Oia(イア)。

b0083417_240811.jpg

『ここから眺める夕日は世界一美しい』
サンセットの時間になると、その為だけに観光客が島の各地から集まってきます。
島の西北端で遮るものが何もないので、
夕日が ジュジュっと海に沈んでいく様子がみえるんです。
展望台も沢山の人、海沿いの細い道も夕日に向かって人だらけ。
b0083417_2382461.jpg


でもそれだけじゃなくて、ギリシアらしい景色の沢山あるかわいいエリアです。
お写真スポットだらけです。
道もこんな風で車も通らないので、(野良?)ネコたちや犬達が放し飼い。

b0083417_2404334.jpg
b0083417_241717.jpg


そんな中、展望台で結婚式をあげる人たちが!
遠目にアジア人ぽいな~と思っていると、
遠くにいる私たちのところまで祝福の拍手や声が聞こえてきました。
そのうち、ヴァイオリンなどの音楽隊に先導され村を練り歩いてきました。
やっぱり日本人!
親族、着物着てましたから。(暑そう・・)
美しいお嫁さんでした。
青い海の見えるイアの街で皆に祝福され、美しい夕日に照らされきっと、
忘れられない思い出になるんでしょうね。
そして、定年後にまた2人でサントリーニを訪れる。
もう、勝手に想像しちゃってます。知らない人の。(笑)

b0083417_243236.jpg


この日は雲があってあんまりキレイな夕日は見れなかったけど、
記憶に残る夕日の1つになりました。

私にとっての美しい夕日は、やっぱり日本にあるかな。
夕日を見ながら母の帰りを待ったり、テニスで悔しい思いをした日だったり、
いろんな気持ちや思い出の入り混じったオレンジの夕日。
[PR]
by rosearoma | 2010-08-21 02:46 | 旅・・・ギリシア | Trackback | Comments(8)

島に到着して数日は、ビーチでのんびりなんて慣れないせいか落ちつかない2人。
特にオットはウロウロしたいようで、
『街へ行こうよ』とか 『お散歩しよう』とか・・。

ならば、トレッキングツアーへ!
b0083417_0481140.jpg

向こうに見えるのは、サントリーニ島。
白い家が山の天辺の雪のように見える。

サントリーニのすぐ横、Nea Kameni島へ。
ここは現在も活動しているという火山。
昔はこの島もサントリーニ付近の島全部とつながっていたそう。
(今回初めてツアーのオリエンテーションなんてのがありました。
ドイツ&オーストリア人たちもこんなことしてるんですねぇ。参加は自由)

b0083417_054342.jpg

炎天下の中、船から降ろされた私達は、一斉に頂上へ向かって昇り始める。
真っ黒な岩がゴロゴロしている島。
木陰がひとつもないので帽子、日焼け止め、サングラス、お水は必需品。
(ビーサンで昇っている人も沢山いましたよ)
b0083417_117279.jpg


島にはこんなお花?が沢山。


この後は更にお隣の小さな島Palea Kameni島の温泉へ。
船が近づけるのは温泉から50mまで。
ってことは、
ジャボーンと海に飛び込んで温泉まで泳がなきゃならないってことです・・・。
b0083417_0591656.jpg


怠けきった体には、きっと50m泳ぐなんて無理!
私は船で待つことにします。

と、横を見るとオットも泳ぐ気なさそうな顔。
ボーイスカウトで鍛えた泳ぎは??
『登山で疲れたので休んでます』とのこと。
あー、もったいない!
b0083417_181910.jpg

パシャ、パシャ 温泉に向かって泳いでいきますねぇ。

船には泳ぎの苦手な人、心臓病など疾患のある人に対して、
水泳禁止の注意を絶えず放送していました。
更に飛び込み台では、スタッフが1人1人に
泳げなさそうな人や子供に『本当に泳げる?』と念を押してました。

ふと船の下を見ると、
『えぇ!?』
日本人のおばあちゃんが浮輪持参で大海原を温泉まで泳いでいます。
おぉ、この手があったか!!
次回来ることはないと思うけど、泳ぎに自信がない方はこの手で行きましょー!


BBQ付きのツアーもありましたが、食事なしのツアーに参加。
ツアー代金 1人 €18 (食事なし)

2日後に
この火山島に戻ってくるとはこの時はまだ知るはずもなく・・。
[PR]
by rosearoma | 2010-08-19 01:23 | 旅・・・ギリシア | Trackback | Comments(2)

Santorini ①


今年の夏は、サントリーニ島 8日間の旅。
b0083417_2002930.jpg

去年の夏休みにオットが行きたかったサントリーニ島。
(でも去年は私の希望地 アマルフィー海岸)
ようやく辿り着きました~。


旅の行き先きには、毎回悩まされます。
オットは、いつもどこでも良いというし。。
でも、今年はめずらしく明確!
旅行会社に出向き、『サントリーニに行きたい』と伝える。
でも旅行会社は、なぜか他の島を勧めるんですね。
『シシィの別荘があった素敵な島よ。お値段もお手ごろよ。』とか。
自分の経験や自分の友人の話に基づいて勧める人が結構多い気がする。
ドイツ人、旅行好きだもんね~。
確かにホテルも素敵だし、長期滞在ならお値段も素敵。

でも 『青い空、青い海、そして白い壁』のイメージ通りのギリシアに行きたいの!
b0083417_19581426.jpg

『じゃ、ミコノスかサントリーニ ね』

最初に予約したホテル、家に帰って検索すると評判がかなり悪い。。
結局、キャンセルして(1ヶ月前なのにキャンセル料金がかかった)、
もっと評判が良い4つ星アパートメントホテルに滞在することに。
そして、8月行く予定を 7月に変えたらお得に!
その上、飛行機も夕方到着便 → 午前中到着便になってお得。


:::: in Santorini :::

私達が滞在したのは、Firostefani(フィロステファニ)という地域。
数件のレストランと雑貨屋のある、静かで素朴なホテルエリア。
b0083417_21252880.jpg


お部屋はこんな感じで落ち着いています。
全室、形も内装も違うお部屋のようです。
bedroom
b0083417_21385392.jpg
livingroom
b0083417_21392659.jpg

balcony & front door
b0083417_214911100.jpg


毎日の朝食
b0083417_22105130.jpg


ホテルのマダムもスタッフの方々もフレンドリーで快適に過ごせました。

あ、フレンドリーだったのはこちらの方々も。
b0083417_22143296.jpg

b0083417_2215194.jpg
特にこのネコちゃんには、朝晩ドアの前で待ち伏せされてました。
外出前はレセプションのところで私達を待ち伏せし、ホテルの門の外までお見送り、
帰りはプールサイドで待ち伏せし、私達を追い越して部屋のドアの前に先回り。
かなり うざかった。
けど、姿が見えないと心配になっちゃって。
『家でスーツケース開けたら、入っているんじゃないの?』
と言われるくらい懐かれてしまいました。

Agali Houses
Main Street, 84 700 Firostefani

[PR]
by rosearoma | 2010-07-29 22:27 | 旅・・・ギリシア | Trackback | Comments(12)

よく遊び、よく食べ、よく飲んで、ちょっと学んで... 日本満喫中! ☆画像の無断転用はご遠慮願います。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30