カテゴリ:旅・・・ポルトガル( 7 )

PORTO

b0083417_0172764.jpg


【day 7 & day 8 】
ボルサ宮の前に立つ "エンリケ航海王子の像"
b0083417_015787.jpg

思い出すのが、『幸福の王子』という物語。
王子の命令でツバメが貧しい人達に王子の体から宝石を外し届けるというお話です。
頭に乗っているのは、ツバメではなくたぶん "カモメ"

b0083417_025144.jpg


+++
ポートワイン ワイナリー見学。
最初のワイナリーは、Calem。 とってもオシャレ。
でもガイドツアーの時間が合わなくてキャンセル。
すぐに入れた Vasconcellos のワイナリーを見学。
樽で熟成する年数で味、色など変わるそうです。

b0083417_0201722.jpg
b0083417_0211578.jpg


ポートワインというと、赤い食後酒というイメージですよね?
でも、白もあって。
しかも食前酒に適しているそうです。
Tawny,vintage など3本購入しました。


坂道の多いリスボン、ポルトの旅もようやくお終い。
お天気に恵まれなかったけど、ご飯は美味しかったし、
ドイツにはない感じで良い気分転換になりました。
長々とお付き合い頂き、ありがとうございました。
[PR]
by rosearoma | 2011-06-28 00:34 | 旅・・・ポルトガル | Trackback | Comments(2)

Porto

b0083417_2353699.jpg
長々続いた『ポルトガルの旅』
お終いは、Lisbon から北へ電車で3時間の ポルト。

【day 6 】
ポルトには夕方到着。
お茶をして、既に薄暗い中、カテドラルに向かいました。
途中、激しいクラクションが鳴り響き、
目の前を車道を走り抜けた2人組の男性が1人の老人を殴ったり、
足蹴りするのを目撃。
一瞬にして、老人を助けられるか(無理)、警察に通報か(電話番号知らない)、
と頭の中でグルグル。
老人は謝りながら逃げ去り、どうやら老人が男性2人の鞄を盗んだようでした。
危険なところに来てしまったと、一気にウキウキモードは消え去って、
カテドラルの周辺も雰囲気の良くない若者がたむろしていたので、早々にきりあげました。


b0083417_23534325.jpg
ドンルイスⅠ橋
どこかで見覚えがと思ったら、1886年、エッフェルさんの弟子が作ったそう。


b0083417_23553473.jpg
リスボンでもそうだったのですが、レストランに入ると必ずこんな風にパンやおつまみが運ばれてきます。
でも、これ注文してません。そして、別料金。
食べてなくても会計につけられたりします。(つけないところもあります)
『パン、食べてないよ』といっても知らん顔されたり、
気の弱い私は面倒になって支払っちゃったりしました。
旅の終盤では、悔しいので食べたくなくても食べる事にしてましたが、
意外と美味しいものにあたってメインが食べれなくなる危険な"お通し"でもあります。

b0083417_041566.jpg
メインのお魚は4匹。
このお魚1匹とご飯とお味噌汁とお野菜などで和朝食になりそう。


b0083417_064713.jpgb0083417_07172.jpg
名物、干しだら料理。
[PR]
by rosearoma | 2011-06-28 00:00 | 旅・・・ポルトガル | Trackback | Comments(0)

アルファマ地区

b0083417_225397.jpg

サン・ジョルジェ城からの眺め。
【day 5 】

この日はアルファマ地区へ。

b0083417_2262573.jpg
b0083417_231591.jpg

b0083417_2313634.jpg

公園で見たアズレージョ。
b0083417_3215631.jpg


カテドラルのばら窓
b0083417_3212318.jpg



この後は、ランチ&予約をしたカステラを取りに カステラ・ド・パウロ さんへ。
カステラはドイツから予約しておきました。

+++
この日の夕食は、 Sinal Vermelho で 。
地元客、観光客でいっぱいでした。
オットはベレンで食べたお魚を探し求め、ここでもトライ。
b0083417_3272946.jpg
b0083417_3274438.jpg

旅も続くと、お野菜がかなり恋しくなります。
b0083417_328824.jpg
b0083417_3282392.jpg

毎回完食してました。(^^;)

☆Sinal Vermelho
Rua das Gaveas 89
Tel: 213 461 252
[PR]
by rosearoma | 2011-06-23 03:45 | 旅・・・ポルトガル | Trackback | Comments(0)

Fado

b0083417_2346385.jpg
朝ごはんは、近くのお菓子屋さんで地元っ子を見習い、
ケーキのショウケースの上で、コーヒーと一緒にミニ・トルタ を立ち食い。
食べたいものがありすぎて、お菓子を食べる時間がないので朝食に。

【day 4 】

ナザレ、オドビスに遠足するつもりが、
連日の観光で疲れたので、Museu Nacional de Arte Antiga へ行き先変更。

3階まで展示してあって、美術館は見所満載。
日本の屏風や焼き物なども展示してありました。

美術館の隣のガラス張りのカフェからは、テージョ川対岸のクリスト・レイも見え、
美術鑑賞の後はのんびり。
この後は、クリスマスセール中の街でお買い物。

+++
夕食後はファドを聴きに A Severa へ。
ファドのお店で食事をすると高いというので、
夕食は他のお店に入って、大はずし~。
でも、ファドのお店で色々頼んで結構良いお値段に。
これならファドのお店で最初から食事をすれば良かった。

b0083417_2349454.jpg
ポルトガルの演歌と思って聞きにいったけど、なんか違う。
若いお姉さんが歌っていて、ますます演歌の世界とは違うような感じ。
学校の社会科の先生みたいな人も、まじめそうに歌ってたし。
歌いながら席も回ってくれました。

b0083417_23501556.jpg

この方々は大御所の貫禄た~っぷり。

Casa de Fado :
ポルトガルの民族歌謡でfatum(宿命)が由来。
喜び、悲しみ、郷愁を奏でる歌。
街を賛美したり、噂話などが題材になっているものも多い。


☆A Severa
Rua das Gaveas 51
Tel: 213 464 006
[PR]
by rosearoma | 2011-06-22 23:59 | 旅・・・ポルトガル | Trackback | Comments(0)

シントラ、ロカ岬

b0083417_0289.jpg

【day 3 】
雨で寒い1日でした。
ポルトガルだから少しは暖かいと思っていたけど、冬の観光が堪えるお年頃です。

電車に乗ってシントラへ、そこからバスに乗ってペーナ宮殿へ。
b0083417_064887.jpg

ノイシュヴァンシュタイン城 のルードヴィッヒ2世のいとこ フェルディナント2世 のお城だそうです。
外観はピンクや黄色などカラフルで、内装も壁がハート❤型だったり、なんだか可愛いお城でした。
豪華さはなく、小さいので、オットはイマイチとのことですが、
逆に生活感にあふれ、お姫様の生活が想像できたりして、女性は好きそう。

シントラは、他にも王宮、レガレイラ宮殿、
ムーアの城跡やシントラヴィラ等があって見どころ満載ですが、
バスや電車の本数が少ないのでゆっくりできませんでした。
(朝早く起きればいいんだけど・・・)

バスを乗り継いで、続いてはユーラシア大陸最西端のロカ岬へ。

b0083417_0114062.jpg
b0083417_092997.jpg

そこは地の果て、そして大西洋。
b0083417_09542.jpg
最西端到達証明書を発行してもらうこともできるそうです。

+++
夕食はウィンドウの水槽に誘われ、ホテル近くの シーフードレストラン ribadouro。
b0083417_0143825.jpg

久しく、カニを食べていなかったので、すごく魅力的に見えちゃって。。
入ったときは空いていたのに、お店はあっという間に満席。

キングクラブ と 海老ちゃん。
b0083417_0145554.jpgb0083417_015845.jpg

これに、Batata Frita(フライドポテト)をオーダー。
パンやご飯じゃなくて、こういうものが食べたくなる。
だから太るんだろうなぁ。
b0083417_0163295.jpg
美味しかった Casal Garcia という白ワイン。
ポルトのスーパーで発見、€3位で びっくりするほど安かった。

『レストランのワインがスーパーで驚くほど安く買える』
というのは本当でした。


☆ribadouro
Rua S, Caetano 4
1249-132 Lisboa
Tel: 213 549 411
[PR]
by rosearoma | 2011-06-21 00:27 | 旅・・・ポルトガル | Trackback | Comments(2)

ベレン地区

中途半端なまんまの『リスボン・ポルト旅行記』
薄くなった記憶ですが記録します。

【day 2 】

この日は晴天!
天気で観光の楽しさがこんなにも違うなんて!

ジェロニモス修道院 → エッグタルトの朝ごはん → 馬車博物館 → 発見のモニュメント、 →
べレンの塔 → お昼ごはん → べレン宮殿 と盛り沢山。

ジェロニモス修道院
b0083417_20423755.jpg

大航海時代に海外からもたらされた富によって、
エンリケ航海王子を称え建設された修道院。
b0083417_2049691.jpg


教会ではミサが行われる中、静かに観光。
b0083417_20544645.jpg
ヴァスコ・ダ・ガマ(1468-1524)の棺。


乗り物好きなオットの希望により、馬車博物館へ。
b0083417_20583353.jpg
本当に馬車だらけ。
1世紀ごとに馬車が機能的に、豪華になっていく様子や宮崎アニメに出てくるようなものがあったり、なかなか楽しめました。


1541年、日本がポルトガル船に発見されました。
b0083417_21374051.jpg


発見のモニュメントは塔になっていて、上に登れるんですね~。
リスボンの街が 360℃見渡せます。
b0083417_2121395.jpgb0083417_21211817.jpg



お次はベルンの塔へ。
b0083417_2112591.jpg
テージョ川と海の境に立つ塔は船の出入りを監視していたそう。地下には水牢も。


最後は、ベレン宮殿へ。
クリスマスだったので、展示物は全てクリスマスモード。
b0083417_213481.jpg
衛兵交替もしてます。

+++
朝ごはんは、
Pastéis de Belémのパステル・デ・ナタ(エッグタルト)。
b0083417_214016.jpg

卵が苦手なので、絶対ダメって思ったけど美味しくて、この後、もう3個追加。
シナモン、粉砂糖をかけて食べました。

+++
遅いお昼ごはん。
オットはこのお魚 ↓ が気にいって、次からもレストランで探すように。
b0083417_2130759.jpgb0083417_21303966.jpg

私は右のサーディーンの塩焼き。
お魚も野菜もシンプルで美味しい。しかも安い!


☆Pastéis de Belém
Rua de Belem 84-92
Tel:213 637 423
[PR]
by rosearoma | 2011-06-20 21:58 | 旅・・・ポルトガル | Trackback | Comments(2)

Lisboa

昨年のことですが、ポルトガルへ行きました。
b0083417_004671.jpg

↑ 発見のモニュメント

+++
こちら、私達の飛行機。
b0083417_022273.jpg


ドイツは雪だったんですねぇ。(既に覚えていない)
多分、凍結防止剤を吹き付けられ出発!


クリスマスのこの日、リスボンのお店も開いていないかと思いきや、
ホテル近くのレストランは結構開いてました。
でも街はガラガラ。
歩いているのは旅行者とホームレス、一目で外国人とわかる人たちだけ。

そしてこの日は雨。
カフェでお昼を食べて早起きした為にこの時点で既に疲れてしまって、
バイシャ地区と ↓ コメルシオ広場、
b0083417_064489.jpg

サンタ・ジュスタのエレベーター
b0083417_071582.jpg

をサクッと見て、後はホテルでごろごろ。
今回のホテルは Sofitel Lisbon 便利が良かったです。

+++
クリスマスだから
『ホテルのレストランにディナーの予約をしておいた方がいいんじゃない?』
とオットに旅行前から何度も言っていたにもかかわらず、
予約しなかった為にレストラン難民になる羽目に! (><)
ホテルの方に紹介、断られてを何度か繰り返し、
ようやく1件『予約しても席の保証はできない by レストラン』
の言葉付きで予約してもらえました~。(ホッ)

旅行者と家族でクリスマスを祝う地元の人たちでお店は満員。

あんまりお腹が空いていなかったので、2人で前菜をシェア。
b0083417_0113412.jpg
のつもりが、あんまり美味しくて『おかわり~』ともうひと皿追加!
お塩とレモンだけのシンプルな味付けなんだけど、新鮮な海老だからすごく美味しい!
噂どおり、和食と一緒で素材の美味しさを感じるわ~。

b0083417_0115251.jpg
メインは名前を忘れちゃったけどお魚。
海老でお腹いっぱいになり、デザートまで行きつけませんでした。
お財布に余裕があれば何度も行きたかったウマウマなお店でした。


Restaurante Gambrinus
Rua das Portas de Santo Antao 23
Tel:213421466

☆Hotel Sofitel Lisbon
Avenida Da Liberdade 127 1269-038 LISBOA,
(+351)21/3228300 - (+351)21/3228310
[PR]
by rosearoma | 2011-02-15 00:18 | 旅・・・ポルトガル | Trackback | Comments(2)

よく遊び、よく食べ、よく飲んで、ちょっと学んで... ☆画像の無断転用はご遠慮願います。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31